« 2012年3月 | トップページ

2013年1月

2013年1月 3日 (木)

【7】私を呼ぶ花瓶と、きらめきの赤い実

7_4


7_2_3

 

あけましておめでとうございます。

こちらは少々間が開きすぎてしまいました。

書きたいものはあったのですが、昨年はよく体調もくずしました。
今年はもう少しは多めに載せられたらいいです。

さて、今回の写真は、冬に地元の陶器市で見つけた花瓶です。食器もそうですが、私は器は主にざらざらした素朴な風合いのものが好きです。陶器市は予想以上に長い区間、様々な地方からもお店や職人さんなどが出店しに来ていて、賑わっていました。その日はあまり、信楽焼のようなざらざらしたものが見つけられず長々と商店街の間の陶器市で賑わう中を歩いていました。

 
ふと、小さなてのひらに収まる山形に穴が数個開いたものがあり、なんだろう? と思うと、剣山のような、草花を挿して気軽に楽しむものだそうです。(→下に水を入れたお皿を敷いてこれを載せて草花を挿すとか)珍しくて立ち止まったりしていたそのそばに、この花瓶があり、目を奪われました。ちょっと花を入れるのに、和風の花瓶があったらいいなぁと思っていたからです。この渋さ、とても風情があります。訊けば、関東で一番古い焼き物である、「笠間焼」(茨城県)というものだそうで、ざらざら感が信楽焼みたいだなぁと思ったら、確かに、調べてみたら、元々、関わりがあるようなことが書いてありました。「炭焼きなので、花が長持ちする」とのお話でした。職人さんの魂が感じられる小さいけど、ズシリと歴史の重み・色や手触り…様々に深みを感じる逸品に巡り逢えた陶器市でした。

赤い実は、「ヒペリカム」という植物の実のようです。赤くてかわいいなぁと買いました。同じ赤でもお正月っぽい南天は知っていましたが、ちょっとポップなかんじが目をひいて、初めて見たような印象でした。
 
偶然、インスピレーションで買ってから、花言葉を調べてみたり、どんな花なのかを調べました。
花は黄色い花で、何度か通りすがりに撮ったことのある印象的なきれいな花だったので、びっくりしました。
「あ~、あの花なの~!?」と。

*花言葉は【きらめき】【悲しみは続かない】

花言葉も、悲観的になりがちな私にちょうどでした。

そんな、強いインスピレーションで手にした”たからもの”同士を2つ、合わせました。
やはり、花瓶は花がないと淋しそうだし、花も水の入ったよい器がないと困ります。
よいものがひとつになって、いきいきしています。
安心しているかのようです。
ヒペリカムも、伝統ある焼き物も、いま、幸せそうな表情に見えます。

私もとてもうれしくなりました。

今年もよろしくお願い致します。
皆様にも、清きもの、愉しきこころの宝物がたくさん舞い降りる一年でありますように。

 

« 2012年3月 | トップページ